腱鞘炎

こんなお悩みはありませんか?

  • スマホの使いすぎで親指の付け根が痛い
  • パソコンでキーボードを打つと指が痛い
  • 子供を抱っこしたときに手首が痛い
  • 指を曲げ伸ばししたときにカクカクして痛い
  • 指を動かすと違和感がある

腱鞘炎とは?

そもそも腱鞘とは筋肉が骨に付着する腱という部分を覆っているパイプのような部分で、関節を滑らかに動かすための物です。

そこに熱をもって痛みが出てしまうのが腱鞘炎です。手首や指の付け根の腫れがあり、動かしたときに痛みが出ます。ひどい場合は、腫れて出っ張ってしまうこともあります。

 

ド・ケルバン病(狭窄性腱鞘炎)

親指を使いすぎている方に多く見られる腱鞘炎の一種で、手首の親指側の腱と腱鞘が擦れて熱をもって痛みが出てしまう状態です。
最近は特にスマートフォンの普及で片手スマホで親指を使うことが多くなり、ド・ケルバン病の方も多くなっています。
親指を握り込んで小指側に手首を曲げる(フィンケルシュタインテスト)ことによって手首に痛みが出ます。

 

ばね指

指の使いすぎで起こる腱鞘炎の一種で、手のひら側の指の付け根の腱と腱鞘が擦れて起こります。患部の腫れと肥厚があり、指を曲げ伸ばしすると痛みと共にカクカクと引っ掛かる感じがあります。

腱鞘炎の原因は?放っておくと?

腱鞘炎の原因は、指や手首の使いすぎにより腱と腱鞘が擦れてしまうことです。普段から手や指をたくさん使う方や楽器を演奏する方、さらに最近だとパソコンやスマートフォンの普及で指先を使うことが多くなり腱鞘炎になる方が増えてきています。また、更年期の女性や産後のママさんはホルモンバランスの関係で腱鞘炎になりやすくなっています。
腱鞘炎は放っておいても、良くなるものではありません。
それどころか、早めに処置を行わないと手術になってしまう場合もあります。

腱鞘炎へのアプローチ

越谷のたいよう整骨院では腱鞘炎に対するアプローチとして,まずは熱感を抑えて痛みを緩和させるために超音波とハイボルテージに加え、経験豊かなスタッフによる手技を行います。
また、使いすぎを防ぐために固定具やテーピングを使った固定も行っています。
さらに、腱鞘炎になりやすい方は肩が張っていたり、姿勢が悪くなりがちなので、
たいよう整骨院グループ独自の「MS式背骨・骨盤矯正」を行うこともオススメしております。
越谷たいよう整骨院では患者様それぞれの状態やニーズに合わせて様々な施術を
ご提案させて頂いております。
腱鞘炎はそのまま放置せずに地域の皆様からの信頼と実績の越谷たいよう整骨院にお任せください!

お問い合わせはこちら

たいよう整骨院 越谷院

電話番号:048-940-6665

LINE予約

外観

受付時間:月~金9:00~12:30、15:00~20:00、土9:00~14:00.休業日:土曜午後・日曜・祝祭日休業日:土曜午後・日曜・祝祭日

住所 〒343-0807 埼玉県越谷市赤山町2丁目63-1
代表施術者 大熊耕平
駐車場 提携駐車場あり
アクセス 東武スカイツリーライン「越谷駅」から徒歩5分

スーパー「ヨークマート」目の前!東武スカイツリーライン越谷駅徒歩5分!

TOPへ戻る